2014年11月14日

タネは楽し。

バタバタしてるうちにいつの間にか冬ですね〜。今朝の記憶は3℃。昨日は山の方で雪が降りました。初冠雪です。畑の野菜もだんだんと減ってきました。

野菜が減って畑仕事がなくなってくると、次はタネ採りです。夏の間に目星を付けておいた良さそうな実が、秋から冬にかけてようやく完熟してきます。

ナチュラルファームCocoroで育てている野菜はほぼ100パーセント固定種なので、うまくすれば全てタネが採れます。タネ採りで難しいのは他の野菜との交雑を防ぐこと。交雑すると次の世代で何だか分からない野菜が出てきちゃったりします。カブだと思って抜いてみたら大根だったとか(ー ー;) 

今年もたくさんタネが採れそうです。興味のある方と自慢のタネの交換会も楽しそうだな〜。

76F95854-5F9D-4E37-9B2F-D4A0867BC4E4.jpg
​完熟したピーマン
​​​
E51EC959-5190-4E09-95BC-42017C297C7F.jpg
でっかい​キュウリ
​​
3958581A-6C74-4511-8226-2E32DD3B68B8.jpg
かわいい人参の花

6E632746-5752-4E75-B7A5-06152680B827.jpg
採ったタネを乾燥中〜(*^^*)




posted by Cocoro at 17:51| Comment(0) | 農法 | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

台風が来ると畑は…

突然ですが、台風が来ると畑はどうなるのでしょう?

枝が折れる?
支柱が曲がる?
資材が飛んでいく?

いろんな被害が想定されますが、一番ダメージが大きいのは畑が水没することです。
なぜか? それはぼくたち有機農家が丹精込めて育ててきた微生物くんたちが調子を崩すからですね〜。
何を細かいことを、と思われるものムリはありません。でも事実です。
畑の野菜たちを健康に育ててくれるのは太陽、雨、土、そして微生物くんなのです。
決して肥料でも農薬でもないのです。

なーんてことを真剣な顔でしゃべってたら近所のばあさまに笑われました(笑)
「アンタ、ちゃんと肥料やらんとええ野菜でけへんよ~」って。
ええ、ええ、目に見える限り確かにその通りなんですけどね。

話がそれました。そうです。
畑が水没するんです。
ちょっとまとまった雨が降ると、うちの畑はすぐに水没してしまいます。元々が田んぼだから仕方ないんですけどねぇ。
でも雨の後に畑に行くと、え? ここってプールだっけ? くらいに水につかってて、それはそれはがっかりする訳ですよ。

実はナチュラルファームCocoroでは今年もいくつか大きなチャレンジをしています。
その一つがビニールマルチをやめたこと。マルチってのは畑の畝に被せる黒いビニールのことです。
やめた理由はいくつかあるのですが、一番大きな理由はゴミです。
持続可能な有機農業をしているはずなのに、やればやるだけ石油由来のゴミが増えていく。それって将来的にどうなんだろう、と疑問に思ったことがきっかけです。

そこで今年はビニールマルチを一切やめてみました。
やめた代わりに草を生やします。伸びた草は刈って畝の上に置いていく。
いわば自然のマルチです。
時間がたてば草は腐り、微生物くんたちのエサとなり、結果畑の土が肥えていきます。
ゴミも出ないしまさに一石二鳥だぜ、と短絡的に思った次第です。
9F70368E-CE56-4F97-86DA-F996D7290C43.jpg
刈り取った草を畝に敷いていきます

ちなみにマルチをやめるとどうなるか。
なんとビックリ! 野菜の育つスピードがめちゃくちゃ遅くなります!
今まで2週間で育っていたものが、ヘタすると1ヶ月以上かかります。
いや~、もうホント笑っちゃうくらい遅い(笑)
野菜にとって地温がいかに大事かがよく分かりました。
これはマイナスの効果。来年に向けて改善する必要がありますね。

もちろんプラスの効果もあります(というかそれがなきゃやってらんない)。
その一つが水はけです。
周囲の畑が水没するくらいの雨でも、うちだけはへっちゃら。
多分草が生えることで土の間にすき間ができるのと、草自体が水を吸うからでしょう。
今までのプールとは雲泥の差です。
これで微生物くんたちが安心して暮らせる環境には一歩近づけたかなぁと思います。

どこかを改善するとどこかに問題がでる。
その繰り返しです。ゴールはないといつも感じます。
奇しくも今夜は台風11号が岐阜をかすめていくそうな。
さ-てナチュラルファームCocoroの畑の無事やいかに?
乞うご期待です!!

A58925B4-2BEE-4556-B247-9C9261301165.jpg
とか言いながらめっちゃ心配なのねσ^_^;
posted by Cocoro at 20:17| Comment(0) | 農法 | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

有機稲作なんです

ナチュラルファームCocoroは無農薬・無肥料でイセヒカリというお米を育てています。

なーんて言うと
「でも無農薬って草が大変なんですよね〜」
といたわってもらえます。大した苦労をしてない身としてはちょっと得した気分(笑)
でも実は少しの手間さえかければ、無農薬の稲作ってそんなに難しくないんですよ。

要は草が生えない環境をいかに作るか、これに尽きます。除草ではなく抑草、病気で考えると対処療法ではなく、免疫を上げて予防するという考え方です。その考え方に沿った代かき、育苗、田植えなどの技術があります。

今年はその稲作方法をワークショップ形式でみなさんにお伝えしています。目的は将来自分たちで無農薬・無肥料のお米を育てられるようになること。主食を自給できて、しかもそれが安全なものであれば、私たちの生活はとっ~ても豊かになります( ^ω^ )


6D37EC3A-2936-41FD-AEB6-8570A1518CAC.jpg
ワークショップの一コマ。みんなで田植え〜!

大人から子どもまで安心して食べられる無農薬・無肥料のお米。もっと育ててくれる人が増えるといいな〜。あ、残りわずかですが玄米の在庫があります。ナチュラルファームCocoroのお米に興味を持たれた方はnatural.farm.cocoro@gmail.comまでご一報を。
posted by Cocoro at 10:03| Comment(0) | 農法 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。